真珠貝のじかん  by. Salon de Meleagrine

「音を重ねて、たべる」
「キオクを、たべる」
「霧の本や」
SALON DE MELEAGRINE
「真珠貝のじかん」
うららかな午後のような
だけど連綿とした日常の中にある
ひとときのキオク

いとおしいのはひとのつくるもののもつせかい
ゆっくりと向かいあうじかん
ちいさく呼吸する 真珠貝のじかん
しずかにざわめくせかいにおちていく意識と
皮膚がきえてつながる感覚
あなたの身体にしみこんでいく…

作品と向かい合い、ゆっくりとあじわう
そのせかいと味わいを 食におとしこんでもらいました
こんかいは贅沢にたっぷりと味わっていただくために30分におふたりの入場となります
約1時間かけてsalonをたべていただきます

通常のお食事会とは異なります
すべて一口大の食を 作品のまえでたべながら 巡回していただきます

Salon de Meleagrine HPより引用)
2013年1月28日をもって期間を終了しています。



image

花衣さんが主宰する
Salon de Meleagrineにて
作品と共に食を味わう企画に
書肆サイコロの本を取り上げていただいています。

「真珠貝のじかん」
2013年1月14日(月)


〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-11-5
Salon de Meleagrine(サロン ド メレアグリン)
12:00/12:30/13:00/13:30/14:00
14:30/15:00/15:30/16:00/16:30
会費:3,300yen
(無事終了致しました。ありがとうございます。)

ご予約制
(詳細はSalon de MeleagrineのHPよりご確認下さい。)
ご希望があればsalon内の作品はご購入もいただけます。
味わっていただく作家/作品
   eje 「ものおと」
   中山聡 「光とひかり」
   ito*mel 「タッセル」
   Coci la elle 「日傘」
   chihiro yasuhara 「絵」
   書肆サイコロ 「本」

食:山フーズ
企画:Salon de Meleagrine






2013.01.07 Monday 23:59 saicoro (-)