guse ars washed pattern exhibition「shi・da」

washed patternとは、
浜辺に漂着した陶片の柄を繋ぎ合わせて
新たな模様を作り出すプロジェクトです。
今回の展示では、初期の陸上植物といわれている
「羊歯(シダ)」をモチーフに模様を作ります。
砕けて海に還った陶片は再び陸に戻り、
シダ模様を形成します。
模様の進化の始まりです。
海から生命が生まれ進化してきたように・・・。

guse ars
村橋貴博 / 岩瀬敬美


image
 

模様の欠片から模様が生まれ、
その欠片からまた模様が生まれる。
そしてその欠片から、また。
ふと思う。模様とは、生命のこと? 
といっても限りある「わたし」の生命ではなく、
無限に生まれる「わたしたち」の生命。
2012年から2412年へ、2412年から2195年へ。
そこで時間は自在に流れる。
飛んだり、戻ったり、繰り返したりする。
guse arsが、そんな時の模様を、
生命の時間の秘密を、見せてくれる。(n.y)


guse ars
washed pattern exhibition
「shi・da」
2012812日(日)〜822日(水)
open 13:00  close 20:00(最終日19:00迄)
820日(月)休廊

作家在廊予定日
◉村橋 8月12・181922

岩瀬 8月1214161819

「あゆみ食堂 夏のジューススタンド」
 8月14・15・16日と開催致します。
 (無事終了いたしました。ありがとうございます。)

書肆サイコロ
166-0002 東京都杉並区高円寺北4-31-16
tel 080-4321-3156(ヨン・サン・ニ・イチ!サイコロ!)
http://www.frimun.info/saicoro/
facebook:https://www.facebook.com/shoshi.saicoro
twitter:@shoshi_saicoro


—————————————————————————————

guse ars

Takahiro Murahashi EXHIBITION “Looks Pattern”
THE TOKYO ART BOOK FAIR 2011
guse ars EXIHIBITION “washed pattern : L”
 

guse ars(グセアルス)は2人組のアートプロジェクトです。
その名前は、人の行為によって生まれるさまざまな癖(くせ)、
筆ぐせ、寝ぐせ、口ぐせ…からとった語である “guse(グセ)” と
芸術、技術、手仕事などの意味をもつ
ラテン語の “ars(アルス)” を組み合わせた造語です。

表現方法にとらわれることなく、
guse arsらしいものごとをつくりだすことを目的としています。


村橋貴博 / 岩瀬敬美






2012.08.04 Saturday 11:53 saicoro (-)