幾何学図形と富井貴志の木工展

書肆サイコロ、展示のお知らせです。

長い時間の経過と共に古色の表情を纏い
本来の用途を越えた物質の幾何学的な造形美を蒐集。
その結晶作用の呼び出しに応える現代の作家の作品が
時代を越え、意味を越える予感の絶え間ない循環遊戯。

image
image


「幾何学図形 と 富井貴志の木工展」
2015年12月19日(土)〜2016年1月24日(日)
open 13:00 close 19:00

定休日
12月22日(火)
12月28日(月)〜1月6日(水)
01月12日(火)・13日(水)
01月19日(火)・20日(水)



*本展は倉敷意匠アチブランチに於いて
 2015年4月に開催された企画展示の巡回展です。

*今回の高円寺の展示に合わせ、
 写真集の断裁の際に出た
 端切れを再利用した本も制作しました。

*記録写真集『幾何学』
 東京にて初めて販売いたします。
 photo by 大沼ショージ(atiburanti books 5)


書肆サイコロ
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北4-31-16
tel 080-4321-3156
http://www.frimun.info/saicoro/
facebook : https://www.facebook.com/shoshi.saicoro
twitter : @shoshi_saicoro


—————————————————————————————

富井貴志(とみいたかし)
 

1976年新潟県生まれ。

1994年から1年間アメリカオレゴン州の高校に通う。林業が主産業の小さな村だったが、そこで木に関心を持つ。帰国後、近所の山で枝を拾ってきてバターナイフなどを頻繁に作るようになる。このころから稲本正氏や藤門弘氏の著書をよく読むようになり、再生可能資源である木を使ったものづくり、および自然と自然素材に囲まれた暮らしに強く惹かれ、いつかものづくりを暮らしの糧にしたいと夢見る。一人暮らしを始めてからは料理好きから料理道具や器を集めてほくそ笑む日々。大学院に進学するものの結局学者には向かず。もうやりたいことをやるしかないと木工の道へ。

2002年に岐阜県高山市の森林たくみ塾へ。
木工を学び、週末は北アルプスへ通う。

2004年
オークヴィレッジ株式会社に入社。
様々なことを勉強させてもらう。

2008年
滋賀県甲賀市信楽町へ移住し、京都府相楽郡南山城村童仙房に工房を開設。
この年、第6回暮らしの中の木の椅子展入選。

2009年
Style-Hug Galleryにて初個展。以後個展多数。

2012年
第86回国展にて新人賞受賞。

2015年
自宅と工房を新潟県長岡市小国町に移す。


一緒に暮らして気持ちのよいものがつくりたい。みんなの暮らしのまんなかにあるようなものをつくりたい。どんな素材をつかったものでもよいと思いますが、私にとってそれは木だったということです。さわり心地やほのかな香り、それに古い木のものをみるとどれもとてもよい顔をしています。

手に取ったときに自然とほほえみを誘うもの。まっさらな状態から使い込んで、「自分のもの」としてクタクタになったときにより惹きつけられるもの。そんなものづくりを志しています。富井貴志のつくるものと末永くお付き合いいただければ幸いです。

webより引用いたしました。









2015.12.04 Friday 15:47 saicoro (-)

トラネコボンボン 3冊目の絵本と原画展『CAT』

書肆サイコロ、春の展示のお知らせです。

トラネコボンボン、中西なちおさんの
3冊目となる絵本が完成しました。
古い紙にインクで描き下ろされたドローイングを
一年間大切に、少しずつ形にしてきた本です。
猫に対する少しユーモアのある温かい眼差し、
猫からもらえる深い愛情を感じる1冊。

始まりの季節、機知に富んだ猫たちと共に。

 

image

「CAT」
トラネコボンボン 中西直子(なちお)
3冊目の絵本と原画展

2015年4月10日(金)〜5月6日(水)
open 13:00 close 19:00 *木曜休み

作家在廊日
 10(fri)・11(sat)・12(sun)・18(sat)・19(sun)
*その後の予定はtwitter等でお知らせいたします。
*毎週末トラネコボンボンのクッキーを販売いたします。
*22(wed)は、よっしーさんのコーヒーとお菓子の日です。
*展示に合わせて100部限定の
 スペシャルエディションもご用意しております。
 (写真はスペシャルエディションです)


書肆サイコロ
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北4-31-16
tel 080-4321-3156
http://www.frimun.info/saicoro/
facebook : https://www.facebook.com/shoshi.saicoro
twitter : @shoshi_saicoro


—————————————————————————————

中西なちお(なかにしなちお)

料理人
2007年より トラネコボンボン主宰
OBO Mansion キッチン+イラスト担当
http://toranekobonbon.com/index.html

トラネコボンボンは旅するレストランです。
開店場所は決まっていません。
穀物と野菜を中心に、
季節や場所にあわせていろんな国の料理店に変わります。
素敵な洋食屋さん、サーカスの売店、市場のお菓子売り、アフリカ料理店
アジアの屋台、街角のサンドイッチ屋、ロシアの列車の車内食堂
旅行に出かけた気分で楽しんでもらえたらと思っています。

blog「記憶のモンプチ」では毎日一枚、動物の絵を更新中。
2011.3.11、避難先から友人に何か送ろうかたずねたところ
「毎日一枚動物の絵を送って」と言われてから毎日描いている。
なお「記憶のモンプチ」は茶色いトラネコが住んでいる世界の話である。
その他、役に立たない新聞「動物新聞」編集長。(webより)


2013.03 「記憶のモンプチ」
2013.10 「あるところの猫」絵本
2014.06 「猫とサーカス Un Chat et le Cirque」絵本









2015.03.30 Monday 23:33 saicoro (-)

もうひとつのBook Fair

初台、MOTOYAさんのイベント
「もうひとつのBook Fair」に参加しています。
 

「もうひとつのBook Fair」
3月4日(水)〜22日(日)
open 13:00〜20:00(L.O. 19:30)
*月・火 休み

Book・Cafe・Gallery MOTOYA
〒151-0061 東京都渋谷区初台2-24-7
Phone/Fax 03-6362-2082
http://www.mo-to-ya.com

【出展者】
・ananas press
・アノニマ・スタジオ
・牛若丸出版
・エクリ
・KUANI
・こんどうみき
・saji
・Shuku Shuku編集部
・書肆サイコロ
・杉谷ふさえ
・Studio Journal knock
・旅人の木 編集室
・ニセアカシア発行所
・ヒロイヨミ社
・BOOKLORE
・ぽかん編集室
・mille books|ミルブックス
・ゆめある舎
・ゆがみ






2015.03.05 Thursday 16:04 saicoro (-)

「hakuji」 ー18〜19 世紀のフランス白磁展ー

書肆サイコロ、今年最後の展示です。
白い器の静物画のような世界。

 

倉敷意匠のタナベシンスケ氏が集めた
18世紀南仏の白釉陶器と
19世紀クレイユ&モントロー社の軟質白磁を中心に、
フランスの白い器ばかり約100点を展示販売いたします。

フランス白磁独特のやわらかでしっとりとした
肌味をお楽しみいただきたく思います。
この企画展に合わせて、大沼ショージさんによる
暗く深い影の中に浮かぶ器たちをひっそりと捉え

静物画のような写真集「白磁」を販売いたします。

257×170サイズ写真18点/限定500部
表紙クロス白箔押し/蛇腹22P

写真:大沼ショージ
装丁:サイトヲヒデユキ
Detail→◉

本展は、2012年3月
岡山県・倉敷意匠アチブランチにて行われた
展示の巡回展になります。

 

image

「hakuji」
ー18〜19 世紀のフランス白磁展ー
12月6日(土)〜12月23日(火)
open 13:00 close 19:00 *水曜休み

書肆サイコロ
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北4-31-16
tel 080-4321-3156
http://www.frimun.info/saicoro/
facebook : https://www.facebook.com/shoshi.saicoro
twitter : @shoshi_saicoro






2014.12.02 Tuesday 17:49 saicoro (-)

「余墨 yosumi」サイトヲヒデユキ個展

京都・恵文社 生活館にて個展をします。

image


デザイン以前にドローイングの集積の塊が生まれる。 
長いプロセスの上、総ての塊に微細な感情と緊張を入れた記しは
抽象でも無機質でもない生命体である。
塊に光を与え、その絶え間ない空間との対峙による「記憶」と
さらに無限に生まれる「余墨」の一部をここに書き留める。

「余墨 yosumi」
2014年11月22日(土)〜12月5日(金)

恵文社一乗寺店 生活館
〒606-8184 京都市左京区一乗寺払殿町10
tel:075-711-5919
fax:075-706-2868

営業時間:10:00 - 22:00(年末年始を除く)

併せて同名の本を発売します。
 B6/80頁/糸縢り閉じ
 寄稿◉永岡大輔
 300部限定








2014.11.18 Tuesday 17:34 saicoro (-)

空と読書と美味しいモノ

沖縄、ひばり屋さんのイベント
「空と読書と美味しいモノ」に参加します。

image

「空と読書と美味しいモノ」
〜ひばり屋のお庭で青空古本市ですの〜
2014年11月9日(日)11時半〜17時ごろまで

珈琲屋台ひばり屋のお庭にて開催
沖縄県那覇市牧志1丁目2−12 理容たかまつ裏
tel : 090-8355-7883

(雨天時は壷屋にありますKIYOKOSAKATA studioにて)

【出店】
ちはや書房(古本)
言事堂(古本)
市場の古本屋ウララ(古本)
書肆サイコロ(東京・本)
SUNNY BOY BOOKS(東京・古本)
パン屋水円 ★12時までには到着予定
珈琲屋台ひばり屋








2014.11.02 Sunday 22:39 saicoro (-)

artists love animals 2014

動物やペットの環境に
目をむけてもらうためのチャリティー展覧会。

サイトヲヒデユキ+大竹シネヲ名義で
限定100部の動物写真集のzineを作りました。
まずはchahatナハに置いてあります。

image

★那覇市
 10/25sun〜11/9sun
 ◉GALLERY point-1+MIMURI
  沖縄県那覇市松尾2−7−8 協栄浮島マンション106
 ◉カフェLamp
  沖縄県那覇市松尾2-3-25 アーバンヒルズ松尾 1F
 ◉chahatナハ
  沖縄県那覇市松尾2-21-1

★読谷村
 11/20thu〜23sun
 ◉水円
  沖縄県中頭郡読谷村字座喜味367

★沖縄市
 11/26wed〜12/8mon
 ◉Roguii
  沖縄県沖縄市与儀2-11-38
  

【アーティスト】
アイデアにんべん・安里美佳・上嶋円香・大城奈津希・奥山泉・香月舎・勝野久美子・ぎすじみち・ギマトモタツ・小山千夏・サイトヲヒデユキ+大竹シネヲ・sava・水円・シキヤヒデモリ・シキヤリエ・jujumo・たまきりの・近岡恵子・chahat・豊永盛人・豊永美菜子・toncati・中村かおり・二宮とみ・han★・藤代冥砂・MIMURI・やのわたこ・薬師寺一彦・吉田俊影・Lampアヤ

https://www.facebook.com/artistsloveanimals2014







2014.10.25 Saturday 22:36 saicoro (-)

hofli「十二ヶ月のフラジャイル」

10月の
1日だけのイベントのお知らせです。

秋の夜長、津田貴司のソロプロジェクト・hofliのアルバム
『十二ヶ月のフラジャイル』発売を記念してサウンドパフォーマンスを行います。

『十二ヶ月のフラジャイル』は札幌を拠点に活動する
デザインユニット・drop aroundとのコラボレーション。
季節を象った12曲を収録したCDとdrop aroundのカレンダーで構成されています。

atelier drop aroundでのイベント「drip drop + 水の記憶」でもご一緒した
「日曜喫茶」かずさんの、丁寧にドリップした珈琲もおたのしみください。

PNdB-atelier+書肆サイコロ+日曜喫茶

image

hofliアルバム発売記念サウンドパフォーマンス
「十二ヶ月のフラジャイル」

日時:2014年10月24日(金)
   open:19:30
   start: 20:30(22時頃終了予定)
会場:書肆サイコロ
   東京都杉並区高円寺北4-31-16
   http://www.frimun.info/saicoro/
料金:2,500円(ドリップ珈琲付き)

*人数に限りがあります。
 是非予約をお願いします。

 

お問い合わせ・ご予約は
HPCONTACTからメッセージよろしくお願いします。


書肆サイコロ
166-0002 東京都杉並区高円寺北4-31-16
tel 080-4321-3156
http://www.frimun.info/saicoro/
facebook:https://www.facebook.com/shoshi.saicoro
twitter:@shoshi_saicoro







2014.10.13 Monday 13:06 saicoro (-)

「貘さんの夢」 in FUKUOKA

ことしこそはと
ぼくのみる夢
柿板葺の家を建てる夢
ひとまをこどもと女房の部屋に
ひとまはぼくの仕事部屋
ふたまもあれば沢山の
ぼくの家を建てる夢
生きたり死んだりをそこで
繰り返そうと
七坪ほどの
家を建てる夢
ことしこそはと
みるのだが
坪一万にみたところで
七万はかかる夢。

—「初夢」『鮪に鰯』より

image


昨年の生誕110年没後50年の節目の年に
『新編  山之口貘全集』(思潮社)の刊行開始を記念して
貘さんの詩を感じ、味わい、楽しむ展覧会を
東京・大阪で開催してきました。

生誕111年にあたる今年、福岡にて松下博文先生が中心となって
開催される公開講座「文学と南 —山之口貘生誕111年を語る」
(講座詳細は下記にあります)に合わせ、
福岡ブックスキューブリックさんにて
山之口貘さんの自筆原稿、写真、スケッチ、資料を展示いたします。

●貘さん生原稿4篇
●泉さんの選んだ10篇
●井川博年さんの選んだ10篇
●ぱくきょんみさんが貘さんに影響されて作った3篇の詩
●井川博年さんが貘さんに影響されて作った1篇の詩
●華雪さんの作品「癖のある靴」
●須田英治(chappo)さんの作品4点
●貘さん愛用の品(腕時計、懐中時計、ライター、落款3種)
●貘さんのスケッチ
●写真集「Me and My father」の中に納められた中からプリント額装6点
●松下博文先生の所蔵している初版本と関連書類


書肆サイコロからは昨年の貘展に合わせて山之口泉さんから
写真をお預かりして本を作りました「Me and My father」を出展致します。

10月2日には「『新編 山之口貘全集』ができるまで」のトークイベントも開催。

皆様お誘い合わせの上、是非お立ち寄りください。

貘さんの夢
ー山之口貘生誕111年記念展ー

2014年10月1日(水)〜10月13日(月・祭)
open 11:00 close 19:00

カフェ&ギャラリー・キューブリック
〒812-0053
福岡市東区箱崎1丁目5-14ベルニード箱崎2F
TEL 092-645-0630

◎トークイベント
「『新編 山之口貘全集』ができるまで」
10月2日(木)
19:00〜(18:30開場)

【出演】
毛利一枝(ブックデザイナー 福岡在住。山之口貘全集の装幀を担当)
松下博文(筑紫女学園大学教授、山之口貘全集の編集、解題を担当)
藤井一乃(思潮社、山之口貘全集の編集を担当)

【入場料】
1,500円(1drink付・要予約)

*お問合せ・予約等は
 福岡ブックスキューブリックさんへ(http://www.bookskubrick.jp/)
 TEL 092-645-0630/hakozaki@bookskubrick.jp
*懇親会有(参加費 2,000円・当日会場でも受付ていますがなるべくご予約ください。)
*トークイベントのお申込みは、電子メールでのみの受付となります。
 (1お名前/2参加人数/3ご連絡先電話番号/4懇親会参加有無)をご記入の上お申込みください。
 予約確認メールをもってお申込み完了といたします。
*返信がない場合はお電話にてお問合せください。

協力=山之口泉・松下博文・サイトヲヒデユキ(書肆サイコロ) 
後援=思潮社


—————————————————————————————


「文学と南」をテーマにして、今年生誕111年を迎える沖縄出身の詩人、
山之口貘の人と作品について考える全4回の連続講座です。
司会(聞き手):松下博文(筑紫女学園大学文学部教授)/大山夏子(沖縄を語る会)


筑紫女学園大学公開講座
「文学と南 —山之口貘生誕111年を語る」

2014年10月4日(土)〜10月25日(土)
14:00〜16:00

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1丁目15−30
福岡市赤煉瓦文化館

【各回ゲスト・テーマ】
◉10月4日(土)
 —父母を語る—
 山口良三・山口泉(親族)

◉10月11日(土)
 —『新編山之口獏全集』の魅力
 倉繁修一(東京三省堂古書店/近代文学研究者)

◉10月18日(土)
 —山之口獏と琉球独立論—
 松島奏勝(龍谷大学経済学部教授/琉球民族独立総合研究学会共同代表)

◉10月25日(土)
 —バクさんを唄う・沖縄を唄う—
 大江哲弘(島の歌人/沖縄県無形文化財保持者)

<対象>
一般 30名

<受講料>
無料

<共催>
福岡市文学館、沖縄を語る会

<問い合わせ先>
筑紫女学園大学 生涯学習センター( 担当:藤井 )
〒818-0192 太宰府市石坂2丁目12-1
TEL:(092)925-9685
FAX:(092)925-3573
E-mail:gakushu@chikushi-u.ac.jp


—————————————————————————————

山之口貘(ヤマノクチ バク)
詩人。1903年〜1963年。
沖縄に生まれ育ち、青年期に上京して以後、
生涯のほとんどを東京で過ごす。
つねに生きることと詩を書くことが等しい詩作の姿勢を貫いた。
「貘さん」と呼ばれ、いまも多くのファンに愛されている。

—————————————————————————————






2014.10.07 Tuesday 19:56 saicoro (-)

「等価」展 〜三万円で買えるもの〜

「等価」展 〜三万円で買えるもの〜
に参加しております。(11月19日迄延長中)

image


「等価」展
〜三万円で買えるもの〜

2014年9月20日〜10月19日
*11月19日まで延長中

会場:Gallery WeissWand
〒360-0114 埼玉県熊谷市江南中央2-3-5 2F
http://www.new-land.jp/event/003.html


[公共交通機関をご利用の場合]
・JR高崎線「熊谷駅」から
 バスにて19分「江南病院前」下車。徒歩1分。
・東武東上線「小川町駅」から
 バスにて21分「江南病院前」下車。徒歩1分。
・最寄り駅はJR高崎線「熊谷駅」、
 東武東上線「東松山駅」「小川町駅」。

[車でお越しの場合]
・関越自動車道 練馬ICから約25分、
 東松山ICを降りて約15分、嵐山小川ICを降りて約9分


選者は、雑誌「TRANSIT」「ケトル」「R25」などのデザインをしている尾原史和さんと、吉祥寺の「Roundabout」「OUTBOUND」のオーナー小林和人さん。『人々の価値観が多様化し、豊かさの在り方の細分化が進む現在、敢えて「ものの価値」に焦点を絞り、それを「貨幣価値」という評価軸で切り取った時、そこにはどれだけの「等価」のバリエーションが広がっているだろうか?』(https://www.facebook.com/NEWLAND.jpより抜粋)

◉選者
 尾原史和(SOUP DESIGN / PLANCTON)
 http://www.soupdesign.co.jp/
 http://www.plancton.co.jp/

 小林和人(Roundabout / OUTBOUND)
 http://roundabout.to/
 http://outbound.to/









2014.09.18 Thursday 18:56 saicoro (-)

 1/5 >>